今こそ不動産投資で資産を増やす

今の世の中、投資というものは様々な種類があります。株式、FX、証券、不動産等がありますが、今回は不動産投資について少しみていきたいと思います。

不動産投資は、アパートや駐車場のオーナーになって賃料を得ていく投資法です。

こういったものはよく見かけたりするように馴染みがあり、わかりやすい仕組みなうえ、債券や株のようにゼロになってしまうリスクも少なく長期的に安定した収益をあげられるものになっていますが、例えば六本木にある森ビル等の大型ビルを建てる際に「匿名組合型」と呼ばれる共同出資を募って経営をする投資もあるのですが、これは一口の出資額が非常に大きく個人では到底手が届かないので今回は触れません。

アパートや駐車場のオーナーに、という触れやすい内容ではありますが「土地を準備したり建物の建設の費用とかでお金が凄くかかるんじゃ……」と思われるかもしれませんが、ローンの金利が低い時がチャンスなのです。賃料を返済に充てることができるので、頭金がゼロでも始められるという点や生命保険としても使えるというメリットもあり、群を抜いて多いものになっています。

この投資で得られる利益としては、「毎月の賃料収入(インカムゲイン)」と「売却することで得る利益(キャピタルゲイン)」があります。特に、インカムゲインは資産を手放さずして安定して且つ継続的に得ることができるので、豊かな人生設計をしていくうえで一番良い資産運用といえるのです。

さて、ではアパートを経営するとどういう風になるのでしょうか。アパート一棟を買って部屋を貸し、家賃を得るという投資法がアパート経営となっており、毎月固定の収入が入ってくるため老後の年金代わりにもなり、加えて団体生命保険に入ることでローンが途中でも支払残額が相殺され、生命保険代わりにもなるのです。

家賃や不動産の価格というのは、インフレになってもその時代の価値によって決まるため、左右されることはないのです。土地の相続に関しても、部屋を貸していることにより通常よりも相続税は安く、不動産を購入した際に使った金額費用として計上することが出来るので所得税が通常よりも減税されるのです。家賃低下や空き部屋などのリスクはありますが、賃料の集金や管理に精通した管理会社を選ぶことによりアパート経営を成功させることができるようになってくるでしょう。

駐車場については、初期投資が一番安く済む投資となります。駐車場を経営するということは立地が一番大切になってきますので、場所と土地価格をきちんと見ていく必要があります。不動産投資にはこういったものがあるのです。

主観的なホットエントリー

年賀状|写真がキレイな富士フイルムの2015年年賀状 公式サイト
公式サイトだから色んな情報がたくさん載ってる

このページのトップへ